読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJILOG

見た、聴いた、触れたこと。 動かしたもの、書いたもの。 ウェブとリアルの備忘録です。

AxisでSOAP体験記

Salesforce(略S.F.) で必要になったので、忘れないうちメモ。。


JavaSDK ver 1.5(5.0)はインストール済み。
環境はWindowsXP SP2


今回必要となったWebサーバは下記2点。インストール順とS.F.対応のメジャーバージョンに注意。

Apache Tomcat 5.5.26.exe
Apache Axis-bin 1_4.zip

イメージは①の上で②が起動する感じ。



【参照】

  1. Axis 取扱い方法、まずは本家サイト
    http://ws.apache.org/axis/ja/java/

  2. webサービス環境構築メモ-Windows
    http://www.tt.cs.titech.ac.jp/~yonai/webService/windows.html

  3. Axis でのデプロイ手順
    http://www.wakhok.ac.jp/~sakamoto/webservice/web_service_c6.html

  4. SOAPアプリ作成手順
    http://iihito.dip.jp/docs/java/no12/soap-4.html

つまづきどころはやはり環境変数
あとはファイルアドレスとかURI

webサービス環境構築メモ-Windows編」が2007年情報なので、鮮度がお勧め。

参照1. を見ながらところどころ参照2. でチェック。


ファイルのコピーは①~③
①「axis/webapps/axis」ディレクトリを「tomcat/webapps」へ

②「tomcat/webapps/axis/WEB-INF/libのsaaj.jarとjaxpc.jar」を「tomcat/common/lib」へ

③「%JAVA_HOME%\libのtools.jar」を「tomcat/webapps」に。。



環境変数設定では、
JAVA_HOME = sdkフォルダbinディレクトリに通す(java.exeのあるフォルダ)

TOMCAT_HOME = C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat (デフォルトならここ)

・AXIS_HOME = (これはバイナリファイルを解凍場所による、C:\axis でもOK)

・AXIS_LIB = %AXIS_HOME%lib

・AXISCLASSPATH = %AXIS_LIB%\axis.jar; ‥(順に必要な .jar ファイル)


・WEBSEV = C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat\ webapps/axis/WEB-INF/lib のようにしておくと、CLASSPATH で通したい沢山のファイルの変数設定がラク。

CLASSPATH = %WEBSEV%axis.jar; ‥(順に必要な .jar ファイル) ;C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat\common\lib\saaj.jar ; C:\Program Files\Apache Software Foundation\Tomcat\common\lib\jaxpc.jar

コピーしたファイル群にもCLASSPATH通すのを忘れない。



インストール、セッティング済んだら
tomcatを起動でhttp://localhost:8080/ へのアクセス確認
Axisは http://localhost:8080/axis で確認。。


環境設定は以上。

アプリ作成とクライアント/サーバでのデプロイ方法は参照3.と4.にて。。