読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJILOG

見た、聴いた、触れたこと。 動かしたもの、書いたもの。 ウェブとリアルの備忘録です。

Salesforce考

"Salesforce"(以下S.F.)でCRM

昨年夏頃にいじってたときの開発者環境は全部Englishだったと思ったら、気づけばいまは日本語ドキュメントも揃うようになってる‥。
そのときはオープンソースの SugarCRM と比較して何か開発できないか探っていたけど、ダラダラしてたらノータッチで半年過ぎてしまったし。


以下特徴。。
  • GUI操作で既存のフレームワークを組み合わせていくとWebアプリが完成するという流れ。
  • 単純に混ぜるだけでなく、Java・AdobeFlex・JavascriptVB・.NETやその他軽量言語(PHP,Perlでもいけるらしい、CPANモジュールもあったし。。)で、アプリや追加機能を作成できる点もウリとのこと。
  • 日々改定されている。(20080411あたりでGoogleApp提携とか)

表題のApexなる開発言語はS.F.独自のもので、JavaJavascriptの中間のような構文、ajax toolkit や dojo toolkit からAPIを組み込んだり、DBいじるのに(S.F.仕様ではSQLでなくSOQLなるものもある)書いたりするもの、、とのこと。

S.F.開発者ブログ(資料は本家サイトで充実)
http://adnblog.salesforce.co.jp/apex_code/index.html

SaaSからPaaS、プラットフォームとしてサービスを提供する方向でビジネス展開するS.F.。
言うなればディベロッパーに道具と箱を提供して、製作物の管理、共有、エンドユーザへ提供するその間で仲介料をとる仕組みはよくできてるなぁ、と。

ただ、管理可能なコンテンツの容量制限やデータ転送量などの物理的な課題もあるのが気になる。

それに、郵政公社が導入するなどのニュースから単なる流行りものでなくなった気がした。