読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FUJILOG

見た、聴いた、触れたこと。 動かしたもの、書いたもの。 ウェブとリアルの備忘録です。

macOSXでEclipse ver3.5と日本語環境化(PHP&perl開発用)

いざ簡潔に。
参照したページはこちらです。

手順
  1. まずは本家eclipseサイトからeclipseをダウンロード。
    上のリンク先から、MAC OS Xからダウンロードする。
    ※今回は「Eclipse for PHP Developers (137 MB) Mac Cocoa 32bit 」を選択

  2. 次にPleiades (Eclipse プラグイン日本語化プラグイン)をダウンロード。
    ※Standard All in One (JRE なし)のPHP版を選択

  3. 参照ページの指示通り、Pleiades に含まれる "plugins","features" をそのまま上書きコピーすると、
    Eclipse起動時に、共有ファイル設定ミスのようなメッセージが現れ、起動しなくなります。
    なので、ここは"features"だけを上書きコピー。
  4. eclipseフォルダ直下のeclipse.appを
    右クリックして「パッケージの内容を表示」を選択。

    Contents/MAC OS X/eclipse.iniをエディタで開いて、末尾に

     -javaagent:../../../plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

    を追加。

  5. この時点では。手順4.で書き込んだ行の該当 jarファイルが、指定の場所にないので、「pleiades.jar」ファイルを含む「jp.sourceforge.mergedoc.pleiades」フォルダごと
    eclipse/plugins/ 直下にコピー。

    ※「jp.sourceforge.mergedoc.pleiades」フォルダは、PleiadesPleiades/eclipse/dropins/MergeDoc/eclipse/pluginsの中のものをコピーしてきます。

  6. 手順5.のあと、eclipse.app を起動すると、日本語化された開発環境が立ち上がります。

    eclipse.app起動前後でPleiadesPleiades/eclipse/dropins の中身を丸々eclipse 内のeclipse/dropinsにコピーしておくと、開発用のツール群が追加されるみたいでした。
以上。


2009/9/14
追記:perl 開発環境設定手順

今回必要だったので、perlも併せて環境設定していきます。
  1. eclipse.app を起動し、[ヘルプ]>[新規ソフトウェアのインストール]を押下。

  2. 作業対象:の欄にURL「 http://e-p-i-c.sf.net/updates 」を入力し「追加」ボタンを押下、ソフト名の入力が求められたら”EPIC”のように入力して、インストール完了を待ちます。

  3. 新規プロジェクトでperlプロジェクトが選択できるようになっていれば、perlの動作環境は整います。

追記:cpan_path設定手順

eclipseインストール後の状態では、今までにインストール済みのcpanモジュール情報が正常に反映されていないので、下記の作業も別途必要でした。
  1. eclipse.app を起動し、[プロジェクト]>[プロパティ]を押下。

  2. 左パネルから「perlインクルード・パス」を選択し、下記のパスを通しておく。
    ①/opt/local/bin/perl5.8.8
    ②/opt/local/lib/perl5/site_perl/5.8.8

  3. モジュール周辺で現れていたエラーが消えたら完了。

以上。