FUJILOG

見た、聴いた、触れたこと。 動かしたもの、書いたもの。 ウェブとリアルの備忘録です。

第7次筋トレブーム到来

正確な数は覚えていないので、およそ7回目くらいのチャレンジ。

 

きっかけは、30歳を超えてじわりとくる慢性的な気だるさ。

改善するためにサプリメント摂取など試すもいまひとつ。

 

ふと思い出すと半年ほど前、自宅徒歩5分の場所にジムが出来ていたのでした。

24時間開店の先駆け"Anytime Fitness"と同じ形式で、それをローカルで展開している様子。

 

気になる月額は7,000円強。

コナミスポーツのような有名店であれば、土日のみ利用可能プランの月額費用と同等です。

 

24時間空いているのと、スタッフ介した手続き不要。

近場ということもあり、気軽に行けるのが決め手でした。

 

運動内容は個人差あると思いますが、以下のようなものが多いです。

 

 

有酸素運動

  • ジョギング9.0kmほどで30分

無酸素運動

  • 背中、肩、胸、腿、腹、上腕と順に負荷をかけて30分ほど
  • アスレチック感覚で楽しい上半身強化マシンを10分
  • 腹部を重点的に負荷かけたいので腹筋追加で10分

 

当初は体質改善ということで走るだけでいいかなと思うも、食後にお腹が突き出るのもあれなので、結局全身に負荷かけることにしました。

 

6月末の入会から1ヶ月経って、最近は睡眠の質の改善といいますか。

眠りが深くなった気がします、良い兆候です。

 

ちなみに美味しいという理由でジュニアプロテイン飲んでます(おっさんですが)。

www.amazon.co.jp

 

現代の悩み考

手塚治虫漫画ブッダを読むと、王子だったころのブッダ(俗名シッダールタ)は四門出遊で悩んだ末に、修行の道を選んだとありました。 

仕事が苦行と感じる現代人なら、ここは修行ならぬ就業になるのでしょうか。。 

 

さておき、悩みの可視化という視点が面白かったので、Twitterから転出。

 

定性的な表現で、横軸は年齢層。加齢に伴い、悩みが変化する感じですね。

ただ現実は、当人の置かれた生活環境や家庭状況によるもの。

 

不安や悩みやモヤモヤする想いは、ビジネスの種。

 

参加録「UX生トークvol.6 - Director's Night!〇〇におけるディレクション術」

現場に貯まるUXの知見は貴重なので、積極参加です。

 

目次 

 

イベント情報

開催日時:2017/07/26 19:30-22:00

開催場所:渋谷プライムプラザ4F

cyberagent.connpass.com

ハッシュタグ#uxnama - Twitter Search

  

以下、画像とともに振り返るイベント記録。

スライド群が要点を抑えているため、 ほぼ注釈不要な内容です。

f:id:michael-unltd:20170726185349j:plain

 

「新規プロダクト立ち上げにおけるディレクション術」

樋口 一裕さん(株式会社サイバーエージェント/ メディア統括本部 プロダクトマネージャー・ディレクター)

 

まずディレクターの作業工程はどこかから。

f:id:michael-unltd:20170726193433j:plain

 

今日話すテーマはディレクターに必要な6スキルのうち、「企画力」「設計力」。

※さらに細分化した16項目も、CA社内では体系化しているとのこと。

f:id:michael-unltd:20170726193454j:plain

 

実例として、前回担当したAmeba Ownedプロジェクトの事例。アプリリリースのお話し。

f:id:michael-unltd:20170726193619j:plain

 

USE評価の結果、ホームページ制作にあたり学習のしやすさが求められている気づき。

f:id:michael-unltd:20170726193722j:plain

f:id:michael-unltd:20170726193834j:plain

 

要望へのアプローチ観点は2つ。制作を「スマホでやりたい」「作りたいけど、なにをしたらいいかわからない」。

f:id:michael-unltd:20170726193908j:plain

 

なにをしたら成功かのゴールを明文化。

f:id:michael-unltd:20170726193955j:plain

 

開発体制について。

f:id:michael-unltd:20170726194032j:plain

 

ディレクターはDefineとDeliveryの工程を特に意識する。

f:id:michael-unltd:20170726194115j:plain

f:id:michael-unltd:20170726194135j:plain

f:id:michael-unltd:20170726194139j:plain

f:id:michael-unltd:20170726194158j:plain

 

プロジェクトの成功が定義できたのなら、Nice to Have(やったほうがいいんじゃない?)はやらない。

f:id:michael-unltd:20170726194210j:plain

 

ディレクターの頑張り所。

f:id:michael-unltd:20170726194252j:plain

f:id:michael-unltd:20170726194331j:plain

 

チームで正解を求める。

f:id:michael-unltd:20170726194403j:plain

 

アプリ版リリースの成果。

f:id:michael-unltd:20170726194431j:plain

 

まとめ。

f:id:michael-unltd:20170726194454j:plain

 

「ハードウェアスタートアップにおけるUXデザイナーの立ち位置と役割」

保坂 浩紀さん(Tigerspike株式会社 / UXデザイナー)

f:id:michael-unltd:20170726194621j:plain

f:id:michael-unltd:20170726194705j:plain

 

会社紹介。

f:id:michael-unltd:20170726194735j:plain

f:id:michael-unltd:20170726194836j:plain

 

ハードウェアのサービスを展開。装着したデバイスデータをトラッキングするもの。

f:id:michael-unltd:20170726194923j:plain

f:id:michael-unltd:20170726194946j:plain

 

Webで分析サービスも提供。USAのデータサイエンティストの先生と共同開発したとのこと。

f:id:michael-unltd:20170726195022j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195034j:plain

 

UXデザイナーの立ち位置について。

f:id:michael-unltd:20170726195117j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195215j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195225j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195250j:plain

 

3つのこと。

①情報共有が大事

ウォーターフォールを受け入れる

③顧客体験設計

f:id:michael-unltd:20170726195317j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195334j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195348j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195409j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195417j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195439j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195537j:plain

 

f:id:michael-unltd:20170726195558j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195617j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195642j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195651j:plain

 

f:id:michael-unltd:20170726195712j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195739j:plain

 

f:id:michael-unltd:20170726195757j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195851j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195918j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195937j:plain

f:id:michael-unltd:20170726195946j:plain

 

俯瞰図、良い感じ。

f:id:michael-unltd:20170726195957j:plain

 

ペーパープロトタイピング、開封体験の設計。

開封は一人に一度の特別な体験。

f:id:michael-unltd:20170726200035j:plain

f:id:michael-unltd:20170726200107j:plain

 

研究も大事。

f:id:michael-unltd:20170726200123j:plain

f:id:michael-unltd:20170726200131j:plain

f:id:michael-unltd:20170726200208j:plain

 

「機能組織の価値発揮!UX改善のディレクション術」

馬場 沙織さん (株式会社リクルートテクノロジーズ / ITマーケティング統括部)

f:id:michael-unltd:20170726200335j:plain

f:id:michael-unltd:20170726200517j:plain

f:id:michael-unltd:20170726200552j:plain

 

社内でリボン図と呼んでいるとのこと。

左側でカスタマー、右側でクライアントを集めてマッチング。

f:id:michael-unltd:20170726200648j:plain

 

組織体制について。UXのデザイナーはグループ横断で兼務。

f:id:michael-unltd:20170726200829j:plain

 

プロセスのフロー。

f:id:michael-unltd:20170726201120j:plain

 

「課題発見・解決」のTIPS3つ。

f:id:michael-unltd:20170726201357j:plain

f:id:michael-unltd:20170726201405j:plain

f:id:michael-unltd:20170726201439j:plain

f:id:michael-unltd:20170726201506j:plain

 

続いて、「協働」のTIPS3つ。

f:id:michael-unltd:20170726201541j:plain

f:id:michael-unltd:20170726201629j:plain

f:id:michael-unltd:20170726201713j:plain

 

「大規模プロジェクトを進ませるためのディレクション

江辺 和彰さん (株式会社コンセント / ディレクター・プロジェクトマネージャー)

f:id:michael-unltd:20170726201924j:plain

 

Webデザインだけでなくて、紙媒体もやりますとのこと。

f:id:michael-unltd:20170726202050j:plain

 

グループ会社群。

f:id:michael-unltd:20170726202135j:plain

 

過去の事例。

f:id:michael-unltd:20170726202158j:plain

 

f:id:michael-unltd:20170726202311j:plain

f:id:michael-unltd:20170726202318j:plain

f:id:michael-unltd:20170726202515j:plain

 

大規模プロジェクトを進めるディレクション、4つのポイント。

 

f:id:michael-unltd:20170726202530j:plain

f:id:michael-unltd:20170726202539j:plain

 

①目的を把握する。

f:id:michael-unltd:20170726202603j:plain

f:id:michael-unltd:20170726202729j:plain

f:id:michael-unltd:20170726202739j:plain

 

②関係者のことを知る。

f:id:michael-unltd:20170726202831j:plain

 

写真つき体制図で、面識ないひとでも仲間感が伝わる。

f:id:michael-unltd:20170726202905j:plain

 

③自発性のある環境づくり。

 

f:id:michael-unltd:20170726202941j:plain

f:id:michael-unltd:20170726203038j:plain

f:id:michael-unltd:20170726203051j:plain

 

④複雑な情報は可視化。

f:id:michael-unltd:20170726203112j:plain

f:id:michael-unltd:20170726203143j:plain

 

まとめ。

f:id:michael-unltd:20170726203231j:plain

f:id:michael-unltd:20170726203308j:plain

 

最後にパネルディスカッションとビアバッシュがあり、終了となりました。

f:id:michael-unltd:20170726204540j:plain

 

非常に学び多く、内容充実したイベントでした。

主催者皆さま有難うございます。

 

※音声(58MBあります)

https://1drv.ms/u/s!AgzxSCFJBEhIoimjn6eK3hXw_ZvH

参加録 Developers.IO 2017

音速アウトプットなブログ会社、クラスメソッド主催イベントに参加しました。

年一で開催されており、今年で3回目とのこと。

 

講演前の諸注意に、スライドおよびその他資料はネットに公開するので、メモ等は不要ですとのアナウンス。素敵。

 

ランチセッションで触れられていた話し。

クラスメソッド社は過去は受託企業としてスタートするも、今やAWS Premiumパートナーとして躍進。

海外展開、自社事業も含め、さらなる事業展開を進めるフェーズとのことでした。

 

こういったイベント含め、外部とつながるコミュニティに注力している企業は良いですね。

f:id:michael-unltd:20170701105838j:plain

 

 

イベント

dev.classmethod.jp

 

タイムテーブル(※AWS S3リンクでPDF)

概要紹介

 

Togetterまとめ

Developers.IO 2017 #cmdevio2017 - Togetterまとめ

 

参加した講演は以下のものです。

選択軸は、最近の技術動向を追いたいという観点で。

 

  1. K-1History of AWS , Still Halfway through
  2. L-1)Developer.IOの歩き方
  3. (H-1)今からはじめるボードゲーム解析
  4. (C-2)AWSで始めるビッグデータ分析
  5. (A-3)開発環境でDocker活用事例と本場運用に向けて考えたこと
  6. (D-4)iPhoneによるAlexa/Lex/Pollyを利用した音声対応アプリの作成方法

 

同時間帯で開催されていて、気になるものの見れなかったコンテンツも、スライドあって助かります(未掲載分はリンク更新予定)。

 

 

クラウドとモバイルを含むその周辺技術への興味は尽きず、大変満足な内容でした。

睡眠管理アプリ "SleepCycle" はじめ(て)ました

正確には使い初めて半年が経過しました。

日次記録が統計されて、面白いです。 

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

Sleep Cycle alarm clock - 睡眠アプリ

  • Northcube AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

基本機能は目覚ましアラームのアプリです。

 

使い方簡単、アプリ "SleepCycle" をインストール。

寝る前、アプリを起動した状態で枕元にスマホを置くだけ。

f:id:michael-unltd:20170607235458p:image

 

 

プレミアム機能では睡眠時の導入音を設定できるみたいですが、現状基本機能*1のみで間に合っています。

f:id:michael-unltd:20170607235548p:image

 

採取した結果は、下記のように見れます。

日次、週次、月次で確認OK。

 

以下はiOS版のもの。 

f:id:michael-unltd:20170608075606j:plain

 

こちらは友人のデータでAndroid版。見た目およそ同じですね。 

f:id:michael-unltd:20170608075628j:plain

 

 iOS版の画像のほうで「いび」と表示されている箇所は、睡眠中に発生した「いびき」の時間帯を指し。

 

「いびき」右脇の「聞く」を押すと、録音されたその音を聞くことができます。

普段、自身のいびき音を聞く機会がないので新鮮なものの、複雑な気分。。  

f:id:michael-unltd:20170607235600p:image

 

たまに設定し忘れる日があるのはご愛嬌。

しばらく継続すると睡眠傾向が見てとれます。

 

たとえば、睡眠時間。

f:id:michael-unltd:20170607235508p:image

 

 快眠度、平均的な就寝時間。

f:id:michael-unltd:20170607235528p:image

 

 などなど。

 

ちなみに、姉妹アプリに "Life Cycle" なるものもあり、これは生活時間をアクティビティごとに可視化するアプリ。

日中の時間帯ごとに、仕事、移動、運動…などカテゴライズされます。

Life Cycle - Track Your Time Automatically

Life Cycle - Track Your Time Automatically

  • Northcube AB
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

 

まだデータ蓄積されていないので本エントリーでは言及しませんが、"Sleep Cycle" との連携もできるようでした。

 

以上 "Sleep Cycle" の利用体験ご紹介でした。

睡眠の質の改善などを意識した際に、使ってみてはいかがでしょうか。

 

*1:アラーム音選択、スヌーズON/OFFなど

近況ご報告 転職編

TJOさんの渾身の振り返りフログを読みました。

tjo.hatenablog.com

 

アカデミックな場所から企業に移る際の心得として、大変貴重な知見*1が盛り込まれているものですね。

自身の軸となるテーマを決めて、周辺技術の取得を積み重ねて、優良企業を綱渡りするプロセスは、転職のベストプラクティスなのではないかと。

 

さて、話し変わって私事ではありますが、5月末日をもって株式会社マーケティングアプリケーションズを退職しました。

2012年1月入社で、5年と半年ほど在籍したことになります。

 

過去に取り組んだことを振り返ると、ちらほらブログにも残していますね。

ほんとうに様々な経験*2をさせていただきました。

 

マーケティングアプリケーションズ入社以前は、エンタープライズな案件とソフトウェア開発しか経験したことない状態で、拾ってもらえたことに感謝しているのと。

Webサービス開発を担当できたこと、それもインフラを含めて経験できたことはこの上ない財産になりました。

 

私事から離れた雑感についても少し。

2012年当時から変わったもののうち、エンジニア視点で印象的だったことをリストアップしてみると、

  • ビッグデータなる単語がバズった(が、鎮火した)
  • データアナリスト職種が引く手あまたとなった(これは市場動向を見るに手探り状態な様子、経験者は高待遇とも)
  • UXが認知されるようになった(UXデザイナーという職種も出現するようになった)
  • 第三次AIブーム到来(IaaSビジネスの強さを見せつけられたのと、ディープラーニング民主化
  • パブリッククラウドの導入事例が溢れるようになった(金融業の基幹系をクラウドに置き換える噂が出てくるなんて思いもしなかった)
  • 大企業とスタートアップとの協業事例(ハッカソン含む)が増えた
  • 中華圏市場とスタートアップの豊穣さ(決済先進国、ハードウェア立国としての中国&台湾)

のようなことがあったので、この5年間の時代の流れの速さは怒涛でした。

次の5年の間には東京オリンピックもあるので、良い時代になるといいなと。

 

 

話し戻りまして、6月から別の会社*3で働いています。

 

職務自体はエンジニアなことを継続する予定なので、ブログテーマは変わらずいつもの関心事を書き綴っていく予定です。

 

引き続き、よろしくお願いします。

 

※最後に。過去一度も試したことないので、退職ブログにウィッシュリストを貼ってみます m__m

餞別リスト

*1:物理環境的、メンタル的な話し

*2:2012年〜2017年の間

*3:企業名は周知できないところ。TJOさんの転職方針に合致していることと、FUJILOG過去ブログにも登場しています。

参加録 「AWS Summit Tokyo 2017(2017/05/31)」

毎年恒例の2つのAWSイベントが品川で開催されました。

イベント名は、"AWS Summit Tokyo 2017", "Dev Day Tokyo 2017"。

 

平日にも関わらず、大変賑わっていました。

講演ごとに会場異なるものもあり、施設間を移動するときは、Summit配布の手下げ袋をもった参加者が歩道を埋めるかの勢いです。

 

日時:2017/05/31 終日

場所:品川プリンスホテル複数施設

 

タイムテーブル:

"AWS Summit Tokyo 2017

 

www.awssummit.tokyo

 

"Dev Day Tokyo 2017"

www.awssummit.tokyo

 

TL; DR

  • WebとSIerの業種問わず、コンテナー本番運用の事例話しが増えてきた
  • DevOpsの概念は広まっているも、現場への普及はもう少しかかりそう
  • 参加セッションのうち特別気になったコンテンツをシェア

 

参加セッション

  1. AWS Well-Architected フレームワークによるクラウド ベスト プラクティス
  2. AWS Mobile Deep Dive - 入門から実践までの最短コース 〜 ライブコーディングで学ぶ AWS を活用したモバイルアプリの開発 〜
  3. [リコー] サービス全断はダメ、ゼッタイ。途切れないテレビ会議システムを目指して 〜AWS を最大限活用して可用性を高める秘策〜
  4. [伊藤忠テクノソリューションズ] デジタルビジネスを加速するクラウド活用の本質 ~DevOps Transformation~
  5. Amazon Pay の仕組みと実装方法
  6. Gunosy における AWS 上での自然言語処理機械学習の活用事例

 

スライド公開予定とのことでしたので、追記します。